平成28年度甲斐市国民健康保険税の税率について

2016/07/20 くらし

 国民健康保険税は、国民健康保険を支える貴重な財源で、加入者のみなさんが病気やけがをしても、一定の負担で安心して治療が受けられる(保険給付)ことを目的として世帯主に課税されます。 現在の国民健康保険特別会計の運営状況は、景気の低迷により国民健康保険税収入が伸び悩んでいる一方で、急速な高齢化や医療技術の高度化などにより、医療費が年々増加傾向にあります。 平成27年度の医療費は、高額なC型肝炎新薬の影響により、前年度比約4億円増の約63.6億円(図1:甲斐市医療費の推移)、となり、一人あたりの医療費も、前年度比31,364円増の332,758円(図2:一人あたり医療費の推移)となっています。

医療費は、加入者のみなさんが納める国民健康保険税と国などからの補助金でまかなわれています。年々増加する医療費をまかなうためには、国民健康保険税の納付が重要となりますので、必ず納期限までに納付するようお願いします。 なお、平成28年度の国民健康保険税率は、昨年度と同率で次のとおりです。
平成28年度国民健康保険の税率

内訳

説明

医療分

後期高齢支援金..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る