個人住民税の特別徴収完全実施について

2016/11/18 くらし

個人住民税の特別徴収完全実施について

個人住民税(市・県民税)の納税の方法には、「普通徴収」と「特別徴収」の2つがあり、そのどちらかの方法によって納税することになります。
給与所得者の個人住民税については、地方税法と甲斐市税条例によって一部の条件を除き特別徴収による方法で納入しなければならないとなっています。
しかし、今までは、特別徴収が徹底されていなかったのが実情です。
そこで、平成26年度の課税から法令の規定のとおり、山梨県内の全市町村で計画に沿って特別徴収の完全実施を行っています。
これに伴い、今まで普通徴収としていた従業員の方も特別徴収の対象となる場合があります。

特別徴収とは…
事業主(給与支払者)が所得税と同様に、納税義務者(従業員等)の毎月の給与から税金を引き落とし、納税義務者(従業員等)に代わって事業主が住民税を毎月納入していただく制度です。

個人住民税の特別徴収と納入について(4MB)
特別徴収の完全実施パンフレット(512KB)

普通徴収の場合は「普通徴収への切替理由書」の提出が必要です。
普通徴収者..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る