利用者負担対策について

2016/11/21 医療

介護保険利用者負担限度額認定について
 施設サービス(ショートステイ含む)を利用すると、介護サービス費用の1割または2割(一定以上の所得がある人)を負担する他に居住費(滞在費) 食費を負担することになります。居住費(滞在費) 食費の具体的水準については、利用者と施設との契約によることが原則になりますが、所得の低い人については負担の上限額(負担限度額)が定められ、一般の人に比べると負担が軽減されます。負担限度額については、利用者負担段階ごとに定められています。 介護保険負担限度額認定を希望される方は、市への申請が必要となります。 減額が認められる場合には、「介護保険負担限度額認定証」を発行しますので、サービスを受ける際には、必ず入所施設等に提示してください。
受給要件
・本人と世帯全員が非課税であること。
・住民票の世帯が異なる配偶者が非課税であること。
・預貯金等が単身の場合は1、000万円以下、夫婦の場合は2、000万円以下であること。
介護保険負担限度額認定申請書(個人番号あり).pdf(126KB)

居住費・食費の自己負担限度額(1日あたり)

..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る