事業系のごみについて

2016/12/15 くらし

 会社や営業所、飲食店、店舗、旅館、ホテル等の事業活動によって生じる事業系のごみは、各地区にあるごみ収集小屋に出すことはできません。 事業者がごみを処理する場合は、事業者の責任において次のように適正に処理してください。
  
茶殻、残飯等の生ごみ、ペットボトル、コピー用紙など
  種類ごとに分別して、ごみ処理施設(竜王地区は、中巨摩地区広域事務組合清掃センター。敷島・双葉地区は、峡北広域行政事務組合環境衛生センター。)に自己搬入するか、市が許可した「事業系一般廃棄物収集運搬業者」に収集を依頼してください。
甲斐市一般廃棄物収集運搬許可業者一覧表(114KB)
 
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類やその他政令で定められているもの 
産業廃棄物集運搬業者に収集を依頼する。許可業者については、(社)山梨県産業廃棄物協会(055-244-0755)などに相談してください。

ADOBE Readerのダウンロードへ
当ページのファイルはPDF形式になっています。 ファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Ad..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る