トップページ > 特集 > くらし(特集) > 甲斐市の魅力を首都圏に発信!『KAI STYLE(甲斐スタイル)』
甲斐市魅力発信事業-甲斐スタイル

甲斐市の魅力を首都圏に発信!『KAI STYLE(甲斐スタイル)』

2015-12-26

甲斐市の魅力情報発信プロジェクト『KAI STYLE(甲斐スタイル)』は、都心から約1時間半で着く甲斐市の居住環境の魅力を積極的に情報発信し、認知度・知名度を高め、移住定住の促進への取り組み、特産物などの販売・販路拡大・PRすることを目的に取り組んでいるプロジェクトです。「KAI STYLE」にお邪魔して、お話を伺いました。

 

甲斐市 魅力情報発信プロジェクト『KAI STYLE』とは

毎週末の金土日および祝日に週平均5箇所の都内や首都圏のマルシェやイベント、デパートなどにおいて、「KAI STYLE」というブランド名で出店しています。
また、「移住情報交流ガーデン」「ヒルズマルシェ」「ロングステイ財団」などのイベントに参加や主催も行い、移住定住を検討されている方々に向けて甲斐市をお勧めしています。

甲斐スタイル-太陽のマルシェ 甲斐スタイル-移住定住相談ブース

 

緑と水が豊かな土壌で育まれた新鮮な食材をお届け!

武田信玄が築いたといわれる信玄堤ができるまで釜無川と御勅使川の氾濫原として頻繁に洪水が発生した西八幡地区の土壌は、砂質を多くふくまれていることからも作物の栽培に適していたと言われていました。
この西八幡地区の畑で栽培された里芋『やはたいも』をはじめとし、日当たりの良い赤坂台の土地で育った『赤坂とまと』やぶどうの収穫量が日本一の山梨ならではの『甲州ワインビーフ』など、緑と水と人が調和した土壌で育まれた食材を「太陽のマルシェ」などのイベントで販売を行っています。着実にリピーターや甲斐市ファンも増えています。

甲斐スタイル(1)甲斐スタイル(2)甲斐スタイル(3)

 

東京から1時間半の田舎暮らし!の”甲斐市”の魅力って?

甲府市や富士河口湖町と比べると観光資源やイベントが少なく、お店などの観光誘致や宿泊箇所も少ないので、甲斐市という名前を初めて聞いたという声が多いです。

住んで頂ければわかるのですが、「空気・水が美味しい」「待機児童がいない」「1時間半で東京に行ける」「電車、車、バスなど全ての交通アクセスがほど良い」「物価と環境のバランスが良い」など、本当に素晴らしいまちです。

都会から見ると甲斐市は半田舎です。その「半」に深い意味があるのです。家族の為、特に子供の為、「住む・育てる」には住みやすい環境だと思います。「東京から1時間半の田舎暮らし」をキャッチコピーに活動しています。

KAISTYLE 代表 長谷部 条

KAISTYLE TOKYO BRANCH
〒167-0043 東京都杉並区上萩1-16-17 荻窪キクヤビル601
TEL 03-3398-3022 / FAX 03-3392-1013

 

ページの先頭へ戻る