ジカウイルス感染症(ジカ熱)について

2016/02/26 医療
ジカウイルス感染症(ジカ熱)にご注意ください 中南米地域を中心にジカウイルス感染症(ジカ熱)が流行しています。 ジカウイルス感染症は、妊娠中の感染と新生児の小頭症の関連が示唆されており、厚生労働省から妊婦の方は流行地域への渡航を控えた方がよいとの見解が出ています。 流行地域への旅行を予定している方は、下記のサイトなどで最新の情報に注意してください。 ジカウイルス感染症(ジカ熱)とは デング熱およびチクングニア熱と同様に、ジカウイルスを保有した蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されることによって生じる感染症です。 潜伏期間・症状 2~12日の潜伏期間を経て、発熱、発疹、頭痛、骨関節痛、筋肉痛、倦怠感、結膜充血などを生じます。 症状は軽く、2~7日続いた後に治り、予後は比較的良好な感染症です。 ジカウイルス感染症は、感染しても症状がないか、症状が軽いため気づきにくいこともあります。 心配な場合には早めの受診を ・ 海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。 ・ 医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る