障害者差別解消法が施行されました

2016/04/01 医療

障害者差別解消法について

 障がいを理由とする差別の解消を推進することにより、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目指し「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(通称「障害者差別解消法)」が平成28年4月1日より施行されました。

障がいを理由とする差別とは

障がいを理由とする差別としては、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮の不提供」の2つがあります。
【不当な差別的取扱い】  障がいを理由として、正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりするような行為をいいます。
「例」・飲食店に入ろうとしたら、車椅子を利用していることを理由に断られた。・障がいがあるという理由でアパート等の契約を断られた。・盲導犬や介助犬の入店を拒否された。
【合理的配慮の不提供】 障がいのある方から何らかの配慮を求める意思の表明(※1)があった場合には、負担になり過ぎない範囲で、社会的障壁(※2)を取り除くために必要で合理的な配慮を行うことが求められます。こうした配慮を行わ..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る