不妊治療費の助成について

2016/04/01 子育て
 甲斐市では、不妊治療のうち、保険外診療である特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)については、1回の治療費が高額で経済的負担が重いため、その軽減を図ることを目的とし、費用の一部を助成しています。平成28年度から対象者や申請回数の変更に伴い、申請書や証明書の書式も変更しました。 対象者    1.夫婦が甲斐市に1年以上継続して住所を有していること。    2.法律上の婚姻をしており、特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極め    て少ないと医師に診断された夫婦であること。    3.夫婦の所得合計額が730万円未満であること。    4.夫婦ともに医療保険(国保・社保等)に加入していること。    5.夫婦ともに市税(市民税・固定資産税・国保税・軽自動車税等)をすべて収めていること。    6.治療が終了して1年以内の申請であること。    7.初めて助成を受ける際の治療開始時における妻の年齢が43歳未満であること。 対象となる治療 体外受精又は顕微授精 助成額    1回の治療につき10万円を限度とし、初めて助成を受ける際の治療開始開始時..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る