甲斐市バイオマスセンター

2016/08/03 くらし

バイオマスを活用したごみ減量化の取組みについて
 甲斐市では、動植物から生まれた再生可能な生物資源である「バイオマス」の活用を推進するため、平成25年3月に「甲斐市バイオマス活用推進計画」を策定しました。   廃棄物や未利用物を各種資材や再生可能エネルギーの原料となる「資源」として捉えるバイオマスの活用は、廃棄物の減量化・有効利用や資源、エネルギーの創出を実現する一つの有効な手段です。廃棄物処理など本市が抱える課題解決のためにバイオマス技術の活用を図ることは、非常に有意義な取組みといえます。
 甲斐市バイオマス活用推進計画(2MB)
甲斐市バイオマスセンター
 バイオマスを活用した事業の一環として、甲斐市西八幡地内に「甲斐市バイオマスセンター」を設置し、平成26年4月に稼動を開始しました。
 バイオマスセンターでは、市内の公立小中学校や保育園から排出される給食残渣を受入れ、液肥化する実験的な取組みを行っています。
  
 給食残渣は、調理する過程で発生する野菜くずや食べ残し等により、年間90トン(推定)発生しています。
 本来は、生ごみとして排出・収集され、可燃..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る