青年等就農計画制度について

2017/03/16 仕事

青年等就農計画制度とは
 青年等就農計画制度とは、新たに農業を始める方が「青年等就農計画」を作成・提出し、甲斐市が認定した方のことで、認定新規就農者といいます。その計画に沿って農業を営む認定新規就農者は、重点的に支援措置を受けることができます。
 青年等就農計画制度について(農林水産省)
認定の対象
 対象者は、新たに農業経営を営もうとする青年等で、以下に当てはまる方です。
 1.青年(原則18歳以上45歳以下)
 2.特定の知識・技能を有する中高年齢者(65歳未満)
 3.上記の者が役員の過半数を占める法人
 農業経営を開始して一定の期間(5年)を経過しない者を含みます。認定農業者は含みません。
計画の認定基準
 就農開始から5年後に次の農業所得・労働時間目標を満たす計画を作成してください。
 なお、就農助成金の申請予定の方は、作成前に農林振興課(農業委員会事務局)と相談をお願いします。
 主な農業従事者1人当たりの農業所得・労働時間の目標
 農業所得:250万円程度  労働時間:1,800時間程度
 目標達成のための経営規模の目安(203KB)
 ※上..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る