生ごみをたい肥に ~ダンボールコンポスト~

2017/05/24 くらし
ダンボールコンポストとは・・・? ダンボールと基材(土など)を使って、台所から出る生ゴミで堆肥(コンポスト)を作ることを言います。 生成した堆肥は畑やプランターなどで利用することができ、ごみの減量化につながります。 市ではごみ減量化に向けた取り組みの一環として、ダンボールコンポストの作り方講座を開催するなど普及を図っています。 ダンボールコンポストの作り方についてはこちら   ダンボールコンポストの作り方.pdf(258KB) 実証実験に取り組んでいます! 市ではダンボールコンポストの実証実験に取り組み始めました。 基材を2種類用意し、途中経過について随時アップしていきます。 途中経過はこちら   ダンボールコンポスト通信 Vol.1 (第1~4週)   ダンボールコンポスト通信 Vol.2 (第5~8週) 【実験期間】  平成29年5月から10月頃まで。  3ヶ月間生ごみを投入し、その後1~2ヶ月間熟成させる。 【用意した基材】  1 ピートモス+もみ殻くん炭    最も良く使われている基材です。ピートモスは酸性が強いので中和させるために炭を入..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る