高額療養費の支給

2017/08/04 くらし

高額療養費の支給
  医療費の一部負担金が高額になったとき、申請をして認められた場合に、自己負担限度額を超えた分が、高額療養費としてあとから支給されます。
70歳未満の場合
一部負担金が限度額を超えた場合
 同じ人が、同じ月内に、同じ医療機関で限度額を超えた一部負担金を支払った時、その超えた分が支給されます。なお、入院については、「限度額適用認定証」(上位所得者・一般世帯)、「限度額適用・標準負担額減額認定証」(住民税非課税世帯)を医療機関の窓口に提示することで、一ヶ月に一医療機関での医療費の支払いが限度額までとなります。国保の窓口へ申請をし、交付を受けてください。ただし、所得の申告がない世帯、国民健康保険税に滞納のある世帯には認定証は交付できません。
自己負担限度額(月額)

所 得 区 分

月 額

区分

上位所得世帯

総所得金額等

901万円を超える

252,600円+(医療費-842,000円)×1%
(140,100円)

600万円を超え  901万円以下..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る