医療機関にかかるとき

2017/08/07 くらし

 医療機関にかかるときの窓口負担は、1割負担(現役並みの所得がある方は3割負担)となります。
1.医療機関の窓口に持っていくもの
 医療機関の窓口には、「後期高齢者医療被保険者証」及び「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」等(該当する方のみ)を提示していただくことになります。
・後期高齢者医療被保険者証 ・各種認定証(認定を受けている方)
2.医療機関で支払う負担割合(区分)の決定方法
 医療機関の窓口でお支払いただく「負担割合(区分)」の決定は、皆様の「市町村民税課税所得」などを基に以下の方法で4種類に区分されます。

(1) 現役並み所得者
(3割負担)

(1)地方税法上の課税所得が145万円以上ある方。
(2)145万円以上の課税所得がある75歳以上の方(65歳以上の後期高齢者医療被保険者を含む)と同一世帯に属する方。

*負担割合は世帯を基準にして決定されるため、世帯の中に75歳以上の現役並み所得者がいる場合は、被保険者本人の所得がなくても、3割負担となります。

○ 上記の方のうち次のiかiiに該当する場合には、申請..

記事カテゴリー一覧

新着記事一覧

甲斐市移住定住 Q&A
甲斐市移住定住の流れ
ページの先頭へ戻る